記事一覧

姉妹サイトもあわせてご覧ください。

特定健診と特定保健指導 3分でポイント理解
人間ドック はじめての受診 4分でポイント理解


スポンサーリンク



「後期高齢者医療制度」、保険料決定の仕組みと減免措置



後期高齢者医療制度」における保険料と保険料率は、各都道府県において運営主体となる「後期高齢者医療広域連合」が、「財政的負担能力」と「地域の医療費の水準」に応じて、決めていくことになります。


そして、制度加入者が個々に支払う保険料は、負担金額が平等で一律となる「均等割額」の部分と、収入に比例し金額が変わってくる「所得割額」の、二つの合計額で決まってきます。

「保険料」=「均等割額」+「所得割額」 ということですね。

 

後期高齢者医療制度 保険料 所得割額 均等割額


それでは、それぞれについて、以下説明します。


まずは「均等割額」ですが、これは所得に関係なく、加入者が平等に支払う定額部分となります。


この金額も、都道府県ごとに異なっているのですが、だいたい一人当たり、3万円台後半~4万円台後半といったところです。


ちなみに、この「均等割額」の部分については、低所得の世帯を対象に、その世帯の所得に応じて数段階に分けて減額するという、「均等割額の軽減措置」が用意されています。


(注1)平成21年度2009年1月)から「9割軽減が新たに設けられ、「9割・8.5割(本来7割だが、国の特例措置による)・5割・2割」の、「四段階に分けての減額(軽減措置)となりました。

9割軽減は「75歳以上の被保険者全員の年金収入が、80万円以下(他に所得がない場合)の世帯」が対象となります。

(注2)平成24年度からは、低所得者を対象とする「均等割額の軽減措置」において、「5割軽減」「2割軽減」の対象範囲も拡大されました。

(注3)平成29年度(2017年4月)より、平成21年度以来続いてきたこの「9割軽減」の特例措置は廃止され、本来の7割軽減に戻ることになりました。これにより、加入者の約半数となる865万人の保険料が増加する見通しです。なお急激な保険料の負担増を避けるべく、廃止は段階的に実施される予定です。



後期高齢者医療制度は個人ごとに保険料がかかって保険証が発行されているものの、「均等割額の軽減措置」は「世帯単位で判断され行われている点には、注意が必要です。

なお、世帯内の収入の単純合計額が、すなわち(所得税法上の収入金額である)世帯所得の合計額になるとは限りませんので、お住まいの市区町村に照会するほうがよいでしょう。



この「均等割額の軽減措置」を受けるための申請は特に必要無く、「後期高齢者医療広域連合」が被保険者数や基準金額に照らして、自動的に判定を行ってくれます。


年金収入額が一定額(153万円)以下で他に所得が無い場合、「均等割額のみの」保険料となります(「所得割額は課されません)。

ただし東京都は、より手厚い措置となっています(「後期高齢者医療制度」、追加見直し策の概要 をご参照。)

 

スポンサーリンク

次に「所得割額」ですが、「所得-33万円(基礎控除額)」に、所得割率(%)を掛けて計算します。


ここでいう「所得」は、「年金などの収入額-必要経費(公的年金等控除額や給与所得控除額等)」であり、収入額と必ずしも一致しないので注意しましょう。

また所得割額は均等割額と異なり、世帯ではなく「加入者個人の所得で判断されることには、再度注意してください。


自分の住む都道府県の所得割率がどう定められているか、また低所得者の方のための「所得割額の軽減措置」も用意されているので、市区町村の窓口に問い合わせてみるのがよいでしょう。



以上の「均等割額」と「所得割額」の合計額で、年間の保険料が決まってきます。


ちなみに、「所得割額」の金額がどんなに高くても(つまり、どんなに所得が高い人であっても)、後期高齢者医療制度の保険料は、最高で年額57万円となっています。


【2014年4月 追記】


政令の改正により、平成26年度から「保険料の年間上限額」が、現在の55万円から「57万円」へと引き上げられました(保険料の上限額は国の政令で定められますが、具体的な保険料は都道府県「後期高齢者医療広域連合」の条例で決定されます)。

全体の保険料を抑えるべく、高額所得者に負担増を求める趣旨とされます。

ちなみに本制度の開始時(平成20年)の年間上限額は、50万円でした。




また、「後期高齢者医療制度」、利用者が覚えておくべきポイント(1) でも書いたとおり、後期高齢者医療制度においては、加入者である「後期高齢者一人一人が保険料を負担する仕組みになっています。


したがって、「これまで健康保険や共済組合の被保険者(組合員)の被扶養者となっていて、保険料負担が無かった75歳以上」新たに負担が発生することになるため、その人たちを対象とした"保険料の軽減措置"が設けられています。


まず対象者は、「制度加入から2年間は、支払う保険料が半額」となります。

具体的には、被保険者となった月から2年間、「所得割額は課されず均等割額のみの負担となり、しかも均等割額が5割軽減」されます。


しかも(ここはややこしいところですが)、後期高齢者医療制度の発足当時いろいろと批判を受けたこともあってか、上で説明した「軽減措置」に加えるかたちで、さらに「(サラリーマンの夫や息子などに扶養されていた)被扶養者のみを対象にした「負担凍結措置」が後から追加されました。

これによって、平成20年(2008年)4月から9月までの半年間は保険料の徴収が免除され、平成20年(2008年)10月から平成21年(2009年)3月までの半年間は、均等割額の9割が軽減されていました(つまり、均等割額の1割を納めればよかった)。

そしてこの負担凍結措置」は、もともと平成21年(2009年)3月末までの予定でしたが延長が重ねられ、平成26年度も継続適用されることになりました。


まとめると、これまで被扶養者として保険料負担がなかった75歳以上の方は、後期高齢者医療制度によってはじめて保険料を負担することになるわけですが、「所得額割の負担はゼロ、均等割額の保険料は9割軽減」となって、当面の保険料負担はかなり軽減されるわけです。

なお、これらの方が低所得者で上記の前半部分で説明した世帯所得の要件にもあてはまる場合には、そちらの措置が優先的に適用されます。


【2008年7月25日追記】


平成20年(2008年)7月、これまで政府・与党内で検討されていた"後期高齢者医療制度の見直し策"が正式決定し、政令が改正されました。

 「後期高齢者医療制度」、追加見直し策の概要 をご参照ください。


スポンサーリンク




後期高齢者医療制度 5分でポイント理解 のトップページに戻る



関連サイト

・脂肪肝 症状 治療
・脂肪肝 食事
・高脂血症 脂質異常症
・コレステロール
・動脈硬化
・糖尿病
・糖尿病 食事療法
・高血圧
・高血圧 食事
・糖尿病 食事
・更年期障害
・脳梗塞 前兆 症状
・脳梗塞 食事療法
・脳梗塞 リハビリ 後遺症


・本サイトの情報提供について

本サイト「後期高齢者医療制度 5分で概要マスター」は、後期高齢者医療制度長寿医療制度)関連の情報収集・整理をお手伝いすることが目的です。あくまでこれらに関わる広範な一般的知識と情報提供を行うことを趣旨としており、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもとご使用・ご利用いただくよう、お願いいたします。

・プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。