記事一覧

姉妹サイトもあわせてご覧ください。

特定健診と特定保健指導 3分でポイント理解
人間ドック はじめての受診 4分でポイント理解


スポンサーリンク



「後期高齢者医療制度」、追加見直し策の概要



平成20年(2008年)7月、"後期高齢者医療制度の見直し策"が決定され、平成20年度(2008年)・平成21年度(2009年1月~)の保険料が、軽減幅拡大の方向で見直されました

この見直しによって「いつからどれくらい、保険料が下がるのか」については、都道府県ごとの広域連合の運用方針・対象者の後期高齢者医療制度への加入時期の違いなどのため、適用対象者で個人差が生じるケースがでてきそうです。

 

後期高齢者医療制度 保険料軽減 口座振替


以下の軽減措置を受けるために加入者側から特に行うべき手続きはありませんが(口座振替への支払の手続変更を除く)、詳細については、お住まいの地域の広域連合か市町村の担当窓口に確認してみるとよいでしょう。


【主な見直し策・平成21年度(2009年)以降の変更点】

(〔注〕制度のそもそもの仕組みや用語については、「後期高齢者医療制度」、保険料決定の仕組みと減免措置 もあわせてご参照ください)


・平成20年度(2008年)の措置として、保険料の均等割額の「7割減」の軽減措置が適用されている人(年収168万円以下)は、その軽減割合を「8割5分減」に拡大しました。これは2008年10月以降、均等割額の徴収を半年間(2009年3月末まで)行わないという措置により、実質的に達成されたものです。

平成21年度(2009年1月以降)は、「75歳以上の被保険者全員の年金収入が、80万円以下(他に所得がない場合)の世帯」については、「均等割額」の軽減措置として用意されていた「7割減」が「9割減」となります。

平成21年度(2009年1月以降)の均等割額の軽減措置は、世帯の所得に応じて、「9割・8.5割(本来7割だが、国の特例措置による)・5割・2割」の四段階なります。


「所得割額」部分において、「所得金額」(「年金収入」ではないので注意)に応じた「4段階の減額(25%~最高100%)」が、平成20年度(2008年7月)の改正で新設されました。

 

スポンサーリンク

この「所得金額」別の減額割合は、平成21年度以降(2009年1月~)の本格実施に向け、各地域の広域連合が決定することになっていました。


平成20年度(2008年)については、年金収入153万円超~211万円以下の所得の少ない世帯について「所得割額の一律50%を軽減」するという措置が設けられましたが、実は平成21年度以降にこれを選んで実施するか否かは、各地域の広域連合の判断にまかされていました。

しかし結果的にすべての道府県がこの「所得割額」の減額措置の実施を選択し、平成21年度(2009年)以降も上記の措置が継続されることになりました。


平成21年度(2009年~)の所得割額の減額措置をまとめると、「所得金額が153万円以下の世帯はそもそも所得割額の負担は発生せず153万円超~211万円以下の世帯の所得割額は5割軽減(ただし、東京都以外)」となります。

ちなみに東京都は、「所得金額が168万円以下の世帯は所得割額の負担無し」など、上記より減額割合の高い(さらに手厚い)減額措置を実施しています。



・平成20年(2008年)10月の天引き分からは、本人の申請にもとづいて「一定の要件」に該当する方は保険料の支払いを「年金からの天引き」から「口座振替」へと変更できる改正がなされました。

しかし平成21年度(2009年1月)からは、「一定の要件に該当しなくても」、原則としてすべての人が、口座振替による支払が可能となりました(特別徴収から、普通徴収への変更)。


変更手続きは、本人からの申請が必要になります。


年額18万円未満(月額1万5千円未満)の年金受給者の場合は、最初から年金からの天引き対象にはなりません(納付書か口座振替による支払となります)。


なお、口座振替へ切り替えても、年間の保険料額は変わりません。

配偶者や本人以外の親族が代わりに納める口座振替の場合、本人の後期高齢者医療保険料の金額を、口座名義人の社会保険料として、確定申告時に控除することができます。

その結果、世帯として所得税や住民税が減額となる場合があります。


スポンサーリンク




後期高齢者医療制度 5分でポイント理解 のトップページに戻る



関連サイト

・脂肪肝 症状 治療
・脂肪肝 食事
・高脂血症 脂質異常症
・コレステロール
・動脈硬化
・糖尿病
・糖尿病 食事療法
・高血圧
・高血圧 食事
・糖尿病 食事
・更年期障害
・脳梗塞 前兆 症状
・脳梗塞 食事療法
・脳梗塞 リハビリ 後遺症
・関節リウマチ
・骨粗鬆症


・本サイトの情報提供について

本サイト「後期高齢者医療制度 5分で概要マスター」は、後期高齢者医療制度長寿医療制度)関連の情報収集・整理をお手伝いすることが目的です。あくまでこれらに関わる広範な一般的知識と情報提供を行うことを趣旨としており、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもとご使用・ご利用いただくよう、お願いいたします。

・プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。